スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今となっては思うのです
コンクリートの校舎の三階

人気の無い図工室前の廊下で

飛び降り自殺して床に叩きつけられた人のように

頬を冷たくなったタイルにつけて

この感覚を感じてるのは私だけなんだという

絶望感にも似た優越感をもって

所々に絵の具の付いた灰色のコンクリートを

小学五年生は眺めていたのです

光の糸、信号の糸を通して人々の感性を目で感じる今となって

あの時の感覚と同じものを感じてる人はいないけれども

私の感じたことの無いものに会った人は

確かにそこにいることに気付かされたのです

今までであったたくさんの人に感謝です

おやすみ
スポンサーサイト
copyright © 2005 luck & rat is dead all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。